近々発売される書籍の表紙のデザインが出来上がりました。

ここ数日は最終仕上げの段階で、編集者の方と頻繁なやり取りを行なってきました。

本の内容にマッチした雰囲気に仕上がっていて、 編集者さん、デザイナーさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さんにお届けするのを楽しみにしています!

女性活躍推進2.0実態調査から見えてきたこと

女性活躍推進2.0実態調査が1,200回答を超えました。アクセス数は1,400超となっており、調査期間である 8月5日までには、さらに実回答も増える見込みです。

時間短縮勤務に対する本音

実態調査の中でも本音をあぶり出す質問として設定しているのが、

「時間短縮勤務」

についてです。会社側と時短勤務社員、そして時短を利用していない社員といった、それぞれの本音の傾向は以下のとおりです。

<会社側>
・時間短縮勤務の社員には、どのように仕事を任せていけばいいのか分からない
・可能であるならば、出来るだけ早くフルタイム勤務に戻ってもらいたい

<時短勤務の社員>
・周りに気を使われて、仕事を与えられないのに危機感を感じている
・時間短縮勤務を解消したいけど、解消するとほぼ自動的に残業しなくてはいけなくなる

<フルタイム勤務の社員>
・時間短縮勤務の人の仕事まで肩代わりしていて割りに合わない
・仕事がしたいなら時間短縮勤務を早く解消して欲しい

このように、それぞれの立場で交錯する思惑と行動できないもどかしさが社内のねじれ構造として 問題になっているのではないかと考えられます。

では、どうずればこのねじれ構造を解決できるのでしょうか?

全体の働き方を見直すチャンス

私は、会社全体の働き方にそのヒントがあると考えています。

時間短縮勤務に対する様々な思惑が交錯する理由の1つがまだまだ会社が【限られた時間で仕事をする】といった働き方になっていないことが大きな要因だと思うのです。

× 仕事が終わるまで時間を費やす
◯ 限られた時間内で仕事を終えるように働く

この意識が根付いているかどうかで、仕事をやっているかどうかを測るのは時間ではないという発想になるものではないでしょうか。

つまり、そもそも「時短の人は扱いづらい」といった問題は起こらなくなるのです。

実体験:時短勤務を自ら解消!

もし、社員全員が残業ゼロで「限られた時間で仕事をしよう」という発想になると、時間短縮勤務をしている社員にも変化が現れます。

「残業がなければ、フルタイムに戻してもやって行けそうだな」

と思えるからです。結果として、自主的に時間短縮勤務を解消する社員が出てきます。

実際、時間短縮勤務をしていた当時の私の部下(育児中の女性)も、施策としてチーム全員残業ゼロで働くことにコミットしたところ、

「みなさんが定時で仕事を終わるようになったら、
 時間短縮勤務だろうが、フルタイムだろうが
 仕事の時間にあまり変わりがないということに気づきました。
 私もフルタイムに戻してもやって行けそうです。」

と言って、フルタイム勤務に戻し、仕事も家庭も良いバランスでイキイキと仕事をするようになりました。

最近では、働き方改革に力を入れている企業も多いことかと思いますが、

【限られた時間で働く】

というこの根本的なマインドが根付いているかどうかが成功の分かれ道のように思います。

企業の人事担当者や管理職の方々は今一度、会社での取り組みを振り返ってみて
いただけたらと思います。